乙女ゲーム日記
スポンサーサイト
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。
- - -
コメントお返事です

書きたいことはたくさんあるのですが、まずはコメントお返事を。
遅くなってしまい、大変申し訳ありません。
  
(普通の記事は、また明日)
 
 
続きからです。
 
 

  
  
 
 

 
ううたん。さま
 
またしてもご無沙汰しております。
毎回お返事がとてつもなく遅くて……申し訳ありません。
いらしてくださることがとても有り難く、うれしいです。
 
 
TAKUYOさん、今年もスパコミ来ましたね〜!!
どうですか?参加されますか?
私は一目散に月影豪華版を予約しましたよー(笑)
なので、イベントにもモリモリ参加予定です!!
もしお会いできたら是非!!
また、バッジ話等で盛り上がりたいです^^
 
 
今年は何と、歴代ゲームのキャラクター缶バッジくじだそうで。
カエル畑は千木良と広瀬がバッチリいますね!!
そして、ソラユメですよ〜〜!!
我々の大好きなソラユメがまさか缶バッジになるとは……。
餘部先輩いますね!!
これは嬉しい。
山瀬がいたら更に嬉しかったけど(笑)、きっと前回AGFで公開した、人気投票の上位陣ですからね、仕方ない。
もしTAKUYOスタッフさんとお話出来たら、山瀬をはじめ、他のキャラクター達も、缶バッジになるチャンスをください、とお願いしたいです(笑)
パニパレやリトルエイドもあり、もうどれを引いても当たりだな、と個人的には思っています。
ううたん。さんと、ワイワイしたいなぁ〜!!
 
そういえば、伺った事ありましたっけ?
パニパレではどのキャラクターがお好みですか?
 
 
 
そして、月影の鎖、いよいよ来週発売しますね〜!!
毎日ニヤニヤしながらカウントダウンを聴いています。
榛名、ちょっと闇に闇に行こうとしてますよね!?
大丈夫かー!?と心配になりました(笑)
依存しすぎたら恐ろしいことになりそうです……。
ううたん。さんは、榛名が気になるそうで。
現代人ぽい格好の榛名ですが、雑誌を読むと、彼も何やら色々ありそうで……気になりますね。
 
私は、望月が一番気になっていますが、大井川もかーなり気になっています。
あのふわっと軽い感じが好みです(笑)
店舗特典から見ても、攻略出来るのかな?と、少し安心していますが、案外隠しが無いことも多いTAKUYOさんなので油断は出来ません!!
最萌え候補の一人なので、攻略出来ることを願っています。
 
 
「ドットカレシ」、詳細が公開されましたね〜。
気になるゲームが色々あるので、最近は情報を追うのがとても楽しいです。
 
 
でもまずは、ううたん。さんと、月影話を出来ることを楽しみにしています!!
 
 

コメント、ありがとうございました〜^^
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アミィさま。
 
 
はじめまして。
コメント、ありがとうございます!!
お返事が遅くなり、申し訳ありません。
 
アミィさまも、カエル畑がお好きなのですね〜!!
仲間です^^
海外にお住まいとのことで……、それではああいった小冊子は手に入れることが難しいかもしれないですね……。
 
 
「千木良くんの夏休み」のことですが。
そうですね……。
どう説明したら良いものか。
 
 
  
千木良のルートである「???ルート」クリア後のお話ではありますが、あのED後、必ずしもこうなるわけではなく、たくさんある可能性のうちのひとつのストーリー、になります。
 
 
 

 
ED後、千木良と風羽が付き合うことになったが、千木良が風羽の身体から祓玉を抜いたことにより、一部の記憶がすっぽり抜けており、風羽は千木良が烏天狗だということも覚えていない。
ついでに、寮のメンバーの記憶も操作している。
 
 
ある夏の暑い日、法月に誘われ、月蛙寮に行くことになった千木良。
法月と風羽は買い物に行っていて留守だった。
寮には、広瀬、空閑、葉村がいて、いつも通り彼らに毒づき、中でふたりを待つことに。
 
 
3人は、「何故千木良が風羽と付き合おうと思ったのか?」という疑問を彼に投げかける。
千木良が必要以上に人に深入りしない人だと思っていたから。
 
 
調理場でキノコの調剤をしている米原、戸神のケンカを聞きながら、そんな話をしているうち、法月と風羽が帰宅した。
 
 
会うなり、憤慨する法月
どうやら、千木良は風羽とちっとも会おうとしていないらしい。
 
 
実は法月はそんな風羽と千木良を心配して、彼を寮に呼んでいた。
 
事実を知られ、千木良に謝る風羽。
 
どうも、彼女は千木良に対して遠慮している。
 
 
彼女の中から記憶を消した。
彼女は何も覚えていない。
だから仕方のないことだ。
 
それを承知で、「付き合え」と言った……。
 
好意を分かりやすく言葉にしないまま。
 
 
 
 
ここから、それぞれの視点により、話が進んでいくのですが、何だかんだ、皆風羽に恋しています。
風羽が大事です。
 
 
どうして、「付き合え」と言っただけの千木良に対し、風羽はOKしたのか。
「先輩の事が好きなのか?」それを聞かれ、風羽は答える。
 
「分かりません」
「ただ、血が騒いだのです。先輩に告白なるものをされて、ざわつきました」
「身体の奥底から何かが湧きあがってきたのです」
「あの人を放してはいけないと。離れてはいけないと。」
 
 
自分の直感を信じた風羽は、自分は人を見る目があると自負している。
 
 

風羽を心配する法月の提案で、風羽の実家近くでやっているお祭りに出かけ、2人きりになるよう仕組みます。
 
 
 
風羽との事を思い返す千木良…--- 
 
 
あの日、月宿池で目を閉じた風羽から祓玉を抜いた千木良。
再び目を開いた彼女は、千木良との間にあった出来事を何も覚えていなかった。
 
自分が善かれと思ってしたことだが、動揺した。
烏天狗が、人間の娘の記憶ごときに振り回される。
 
それほど、千木良の中で風羽の存在は大きくなっていた。
 
  
人として生きなければ、こんな強くて、そして脆い想いなど知ることはなかっただろう。
 
 

「皆、菅野さんに笑っていてほしいんです。」という広瀬。
「今、彼女を笑顔に出来るのは、先輩だけ」だという広瀬。
 
「菅野さんはちゃんと考えた結果、先輩と付き合うって決めたんですよ」
 
 
自分から告白したのに、サラッとOKした風羽の真意が分からなかった千木良。
 
 
広瀬に「彼女と会ってあげない理由は分からないけど、ちゃんと話してあげてください」と言われる。
 
 
 
---…そして、風羽がやってきて、ふたりで話をする。
 
 
風羽の目を見て、どうしてお前は自分と付き合おうと思ったのか、と訊ねる千木良。
「直感」だと。
「人を見る目がある」と、真っ直ぐに言う風羽。
 
 
彼女に理屈は通用しない。
そんなこと、分かっていたはずなのに、千木良はいつのまにか忘れていたようだ。
 
脱力し、色々考えるのがアホみたいに思えてきたという千木良。
そんな彼に、風羽は訊ねる。
 
 
「先輩は、私のどこを好いてくださったのです?」
 
 
「……お前みたいな小娘にこたえてやるのは千年早いわ。」
 
 
 
 
 
「では、千年後なら答えて下さると。烏天狗はどのくらい生きられるのですか?そのくらいは軽いのかと勘違いしておりました。」
 
 
 
 
呆然とする千木良。
 
 
 
 
風羽には記憶があった。
 
祓玉を抜いたはずだったのに。
 
 
問いただした理由はこうだ。
 
 
【千木良が口から祓玉を抜いたのは風羽が初めてで、その間に多分余計なことをたくさん考えていたのでは?】と。
【千木良が抜かった所為だ】と。
 
 
千木良と過ごした日々が、すべてではないが彼女の中に残っていると。
それはきっと、彼女の中の祓玉が多少なりとも残っていたから。
 
 
千木良は、ありえない。自分は天下の烏天狗やぞ?その俺が失敗したなんてありえない。
そんなことを繰り返しながら、風羽を抱きしめた。
驚く風羽だが、そのうちに彼の背に手を回し、めいっぱい抱きしめ返す。
 
 
風羽が、何故理由も言わず「付き合え」と言った自分の告白を受け入れたのか。
自分とのことなど、覚えていないのに。
 
 
「もしや不安だったのですか?」
 
 
風羽に問われ、
「お前が思っとる以上に俺はお前にぞっこんだからな」
と答える千木良。
 
 
記憶がないはずの風羽を何故、彼は選んだのか?
 
 
   
「あほ。……“好きだから”以外にないやろ」
 
 
 
 
 
 
 

 
【人生において、必ずといっていい程用意されている選択肢。
貴方の選択次第で物語は幾重にも広がりを見せます。
だからこの物語もその一つに過ぎません。
貴方が辿る道かもしれないし、そうではないかもしれない。
 
−−或る夏の日の物語でした。】
 
 
 
 
 
こんな感じでどうでしょうか?
基本、会話文とモノローグで成り立っているため、すべてを書くわけにはいかず……ザッとあらすじを書いてみましたが。
 
 
とてもカエル畑らしくギャグも冴えわたっていて、かつシリアスで切なさがギュッと詰まった物語でした。
久しぶりに読み返しましたが、また千木良参戦!をプレイしたくなりましたよ〜。
 
 
アミィさんに伝わっていたら嬉しいです。
 
 
コメント、ありがとうございました!!
- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://watermashimo.jugem.jp/trackback/287
<< NEW | TOP | OLD>>